カロリーの消耗が激しい有酸素運動器具トップ5

消費カロリーの激しい有酸素運動器具トップ5をご案内します。
フィットネスジムやスポーツジムで有酸素運動を行うならカロリーをたくさん使う器具で
無駄なく体を絞りましょう。

ダイエットに効果的な有酸素運動はこちらでも体験できます。

大森にあるボクサ・フィットネス・ジムはこちら。

無駄な贅肉を落とすなら消費カロリーの激しい有酸素運動器具で
体を絞るためにフィットネスジムやスポーツジムに登録しても、有酸素運動を行う際に
器具の種類が多すぎて、何を使っていいのか判断できないという方も多いと思います。

消費カロリーの激しい有酸素運動器具とは一体?
クロスバイクやランニングマシン、クロストレーナー、ステップマシンなどなど・・・
せっかくトレーニングをする時間が同じなら、消費カロリーをより多く使う器具のほうが良いと思います。ここでは消費カロリーの激しい有酸素運動器具トップ5をご案内します。

第5位:スイミング
スイミングは泳げるかどうかの有無が顕著に出る運動です。
最初から「器具とは関係のないスイミングが5位?」と疑問に感じるかと思います。
スイミングは陸上よりはるかに多くのカロリーを使います。
1時間クロールで泳いだとすると、700~900キロカロリー消費します。
一方ウォーキングの場合、同じ時間で200~300キロカロリーです。
カロリーのみに注目した場合、スイミングは体を絞るために非常に効果的だということが分かります。

ただ、スイミング経験の浅い人は呼吸が維持できないため、無酸素運動になってしまい、休憩している時間が多くなります。そのため有酸素運動になっていないケースもあるため5位にしてみました。

スイミングは泳ぐ方法によってカロリー消費が大きく変動します。
有酸素運動で脂肪がエネルギーとして消費し始めるのは安定した心拍数(最大心拍数の60%~70%)で最低20分以上の継続が条件となります。しかし、スイミング経験の浅い人は長時間泳ぐこと自体が厳しく、20分以上泳ぎ続けることができないのです。
スイミングは泳げる人、泳げない人によってカロリーの消費が大きく変化する運動です。

第4位:エアロバイク
エアロバイクは負荷が脚だけに掛かるので、大きな負荷をそう簡単には掛けられません。
フィットネスジムやスポーツジムで用意されている有酸素運動器具で一番多いのはエアロバイクといっても過言ではありません。

エアロバイクのメリットは多くありますが、最も大きいメリットは、歩く、走るといった陸上で行う運動より、関節への負担が軽く、膝などを痛めるリスクを減少させることが出来ます。さらに他の運動と比べて、あまり運動が苦手な方でも長い時間継続させやすいというメリットもあります。従って1時間以上運動を行って欲しい場合には、エアロバイクがオススメです。

しかし、ペダルを漕ぐ行為は上半身の活動がほんの僅かで、膝の屈曲、伸展に関する脚の特定筋肉しか使われていません。体全体に負荷を分散できないため、心拍数を上昇させるためにペダルの負荷を上げてしまうと、心拍数よりも先に脚の筋肉が消耗してしまい、エクササイズが継続できないということが少なくありません。

そういう理由で、長い時間のエクササイズを行うには若干強度を落とすことが重要となります。例えばエクササイズを開始して日の浅い方は最大心拍数の約60%の強度にしてみましょう。感覚が掴めてきたら次第に強度を増加させてください。ちなみに、同じような時間エクササイズを行うならエアロバイク以外の有酸素運動が心拍数を上昇させ、キープしやすいため第4位としています。

第3位:ステップマシン
ボディの角度によって使われる筋肉が異なります。
第3位はステップマシン。階段昇降を何度も行う様なマシンです。一般家庭向けに同等の運動ができる器具も発売されていますが、フィットネスジムやスポーツジムに置いているような一歩一歩が大きめに昇降可能な器具である程効率的です。

階段昇降するようなエクササイズですので、一般的にウォーキングを行うより高いカロリーを消費します。ただ、これに関してもエアロバイクと同じく、下半身をメインとした脚に大きな負荷をかける運動なので、エクササイズに不慣れだと長い時間継続できません。それに伴い、多少心拍数が低めに決めたほうがオススメですが、エアロバイクより消費カロリーは大きいです。

ボディの角度によって使われる筋肉が異なります。使用する筋肉を変えてみると、疲れを軽減できるので、長い時間高強度のエクササイズを継続できます。上半身を立ち上げ、垂直にしてやれば、腿裏やお尻を利用したエクササイズ、上半を前屈させれば腿前の筋肉を利用したエクササイズに変わるので、3分~5分おきに姿勢を変更することも間違いないでしょう。

第2位:ランニングマシン(トレッドミル)
ランニングマシン(トレッドミル)
ランニングマシン(トレッドミル)ではウォーキング、ジョギングを行うことが可能です。
これらのエクササイズは下半身だけに限らず、上半身では姿勢維持、腕を振る、体をひねるといった動きで、カロリー消費は増加します。さらに角度をコントロール出来るタイプもあり、自分にあった負荷で行うことが出来ます。初めから走っても問題ありませんが、運動を始めたばかりの人にはウォーキングを推奨します。

意識すべき心拍数(最大心拍数60%~70%)は時速約6kmをウォーキングで20分続けられるようになれば、歩行速度を7kmに上げてジョギングに変更です。ウォーキング、ジョギングどちらでもいいのですが、同じ心拍数で同じ時間できればカロリー消費は特に変わらないので心配しなくて大丈夫です。

角度をコントロールできるマシンの場合、角度を急斜にすると一気に運動負荷が跳ね上がり、関節への負荷を減少させます。ウェイトが重い方や膝に痛みがある方では時速6kmを目安にウォーキング出来れば角度を5%にして継続すると、運動負荷を上げて走るよりも関節への負荷を減らす事ができます。5%の角度が問題ないようでしたら2.5%ずつ角度をつけて行うとより効果を期待できます。

第1位:クロストレーナー
クロストレーナーは関節への負荷をできるだけ減らした状態でエクササイズが出来るため
一押しです。

トップはクロストレーナーになります。聞き馴染みのないマシンの名称かと感じられますが、フィットネスジムやスポーツジムに一度でも行ったことがある方なら、ノルディックスキーのような両手両足を使うマシンだと説明すればイメージしやすいかと思います。

クロストレーナーを行う利点は、体の上半身、下半身をセットで使う全身運動で、カロリーの消費が非常に高いこと。また体全体が宙に浮いているため、関節にかかる負荷を減らせること、マシンについているハンドルをしっかりと掴み、腕と背中を動かしてハンドルを操作すれば上半身を鍛えることが出来ます。

下半身に関してはペダル動作の際に動かします。実はハンドルを使わなくてもこのエクササイズは可能です。この運動でカロリー消費を増やすためには、ハンドルを強く握り、下半身も意識して使うことです。

上下半身を上手に動かし、全身運動を行うことにより、運動負荷を高め、目標とする心拍数で運動を継続することにより、カロリー消費はジョギングよりも多く、関節への負荷は減らせるので、クロストレーナーが置いてあるフィットネスジムやスポーツジムに行く機会のある方に是非使っていただきたいマシンです。

単純に有酸素運動と言っても、運動方法によってカロリー消費や運動負荷は驚くほど変わります。自分がしっかりと継続できる範囲で、日頃行うエクササイズを見直してみてください。